複数の消費者金融からお金を借りることは可能ですし、実際に借りている人は少なくありません。しかし、場合によっては借りられないこともありますし、借りるにしても注意すべきことはいろいろあります。

審査に通ればお金を借りられる

別の消費者金融でお金を借りていても、申し込みをして審査に通ればお金を借りることは可能です。こうした場合、信用情報によってその人が他の消費者金融からお金を借りているということや、その金額、返済状況などがすべてわかりますから、新しく申し込みをした金融機関はそれを踏まえて審査を行うわけです。

ですから、他の消費者金融で借りていることを隠す必要はありませんし、聞かれたら正直に言っても問題ありません。

総量規制がある

消費者金融では、他の消費者金融も含めた借入総額が、その人の年収の1/3までしか借りられないことになっています。つまり、年収600万円の人がA社から100万円、B社から70万円借りていたら、たとえ審査に通ってもC社からは30万円しか借りることは出来ません。もしこれが、他社からの借り入れで総量規制いっぱいまで借りていたら、別の金融機関に申請を行っても通らないでしょう。

ただし、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、それによって審査に通らないということはありませんが、一般的には銀行のほうが審査が厳しいので、他社から借り入れているということで通らない可能性は十分にあります。

借り換えも検討して

複数の消費者金融からお金を借りることは可能ですが、金利や返済の手間、手数料などを考えると、決してお得というわけではありません。少しずつ別々のところから借りてしまったという場合は、ひとつの金融機関に借り換えをして、その他は完済してしまうという手もあります。

最も金利の安いところに借り換えをすれば、返済総額も減りますし、返済も月に1回ですむのでかなり楽になるでしょう。

短期間での申請は避ける

消費者金融は審査の申し込みをした時点で信用情報に記載されます。そうなると、A社に申請をしてすぐ別のB社に申し込みをしたときに、短期間での申請ということで落ちやすくなります。

どうしても同時に申し込みたい場合は、同じ日にできるだけ時間を空けずに申請して、信用情報に載る前に審査を通過するのがおすすめです。ただし、それもリスクがありますので、可能であれば1カ月程度期間をあけて申請するか、借り入れは1社からだけにするほうが安全でしょう。