審査に通らなかった!その原因を知りたい

お金を借りるために申し込みをしたけれど、審査に通らなかったということは珍しくありません。通らない原因はたくさんあるため、正社員として働いているのに通らないということだってあるのです。

一般的には、審査に通らなかったからといって金融機関に問い合わせて理由を聞いても、教えてもらうことはできません。もしかしたら担当者が好意で教えてくれるかもしれませんが、「一切お答えしかねます」と冷たくあしらわれてしまうのが関の山でしょう。そのため、審査に通らなかったら、その原因は自分で予測するしかないのです。

ブラックリストに載っている可能性

もしも、同じ会社に正社員として何年も勤めていて、他に借金があるわけでもなく、過去に返済遅延をした記憶もないけれど、何の申し込みをしても審査落ちしてしまうという場合には、もしかしたらブラックリストに事故記録が登録されている可能性があります。

ブラックリストというのは独立した第三の信用機関によって作られているデータベースで、過去の借入状況や金額、返済状況や事故記録などが管理されています。この機関では、本人からの問い合わせには記録の内容を教えてくれるので、もしも身に覚えがないのに審査落ちが続くのなら、問い合わせてみるのが良いかもしれません。

ブラックリストは、一般的ではありませんがたまに間違った情報が記載されていることがあったり、同姓同名の人がブラックリストに載っているという場合もあります。もしも原因がはっきりと分かれば、金融機関に連絡をして事情を説明すれば、審査落ちを撤回してもらえる可能性は期待できるでしょう。