金融機関ごとに審査基準は異なります

審査基準は、それぞれの金融機関ごとに定められているため、銀行間でも異なりますし、消費者金融と銀行とでも当然、その厳しさは異なります。一般的には低金利で借りられる銀行の方が審査は厳しくなり、金利が高めの消費者金融は審査が緩めということが多いですね。

しかし消費者金融でも銀行のネットワーク傘下に入っている大手消費者金融だと、審査基準は銀行の基準と大きく変わらないほど厳しいことが多いため、過去に返済遅延などの事故記録を持っている人にとっては、借りにくいかもしれませんね。

借りやすくするために注意したいこととは?

今すぐにお金を借りる必要がある人にとっては、一つ一つの金融機関を冷静に比較検討することは難しいかもしれません。できるだけ知名度が高い銀行や消費者金融から借りたほうが、安心感という点は大きくなるのですが、審査が比較的厳しい所から借りやすくするためには、いくつか注意したいポイントがあります。

1つ目は、借りる金額ですね。現実的に返済できる金額なら審査には通りやすくなりますが、誰が見ても返済が難しいような金額だと、審査に通る可能性は低くなってしまいます。収入と借入額のバランスを考えることは、審査に通りやすくなるためのポイントです。

2つ目は、転職を考えている人は借りるまで転職しないなど、ライフステージが大きく変わることを避けることが必要です。小さな会社に5年間勤めて、今回大企業に転職して収入もアップするという場合でも、勤続年数が短いと審査に通ることはできません。この場合には、お金を借りた後で転職したほうが良いことになるのです。